top of page
検索

我が樺澤家の謎?樺澤潤の出生の秘密とは?

なんて、いきなりゴルゴ13風に書きましたけどww

樺澤潤は源氏

でも掲載させていただきましたが、


私、樺澤潤のルーツも富士見村(現在の前橋市)の市之木場が祖父の生家で、かつては豪農でした。それがGHQの農地改革によって小作人たちに分配されてしまって現在に至るようです。


その市之木場は、豪農時代の名残の屋敷があり、ある部屋は、忍者が屋根裏に潜んでいても、登った途端に、屋根が落ちてくるような「忍者封じ部屋」を子供の頃、見たことがあります。


前橋市が一番多いのは、我が樺澤家のルーツ富士見村が統合されたことが要因です。


続いて私が生まれ育った渋川市も北橘村と樺澤家の親族が多い地域が合併したことが要因です。


さらにこの佐藤氏の関連も文献が残っていて、かつては、樺澤家は佐藤家という豪族で源氏の家臣だったということです。


その証拠に樺澤家の家紋は、源義経(九男だったので九郎と名乗った)に起因する「九曜の星」なのです!



ところが、源頼朝が平氏打倒の旗を挙げた時に、佐藤家はなんと、「土着民になる」と

自ら豪族を降りた・・・・


つまり「いざ鎌倉へ」を果たさなかったといいます。


そして群馬県に「豪族」から「豪農」として土着し、白樺が生い茂り、豊かな沢が流れるこの地の特徴から名字を「樺澤」としたとのことです。




閲覧数:50回0件のコメント

Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page